便器聖女ブランカ / 半里プラザー

マンガ


便器聖女ブランカ

作品紹介

とあるカルト教団の信心深いシスターが
そのあどけない身体を村人や神父様、
そして信仰する神様に捧げてしまうお話です。

マンガ本編42ページ。
サンプルはモザイク修正ですが本編は黒棒修正です。

【あらすじ】
私はシスターのブランカです。

この村の教会でプルちゃん、チューベローズお姉さまと一緒に
クレイトリス様を信仰しています。

今夜わたしはある「大役」を任されてます。

「夜まで休んでよい」と神父様は言ってくれますが
今日もいつも通りにお務めをするつもりです――

まずは街でお買い物。
シスターはお金を使うことを禁じられているのでカラダでお支払いをします。
村のみんなが優しくて本当に感謝しています。

スラムでは貧しい方のために布教と奉仕活動をします。
クレイトリス様の愛が世界に満ちていくのを実感できます。

そして、教会に戻ったらチューベローズお姉さまと一緒に村人の懺悔を受けます。
つまり、肉便器です。
未熟なわたしでも肉便器のお務めができて幸せです……

そしていよいよ今夜の大役、「肉繋の儀」が始まります―――

——————–

作者:半里バード(Twitter:@henrybird99)

言語切り替え


タイトルとURLをコピーしました